「ほっ」と。キャンペーン
<   2009年 05月 ( 35 )   > この月の画像一覧
Untitled
a0011819_2319182.jpg
camera : Polaroid SX-70
film : T-600
effect : Adobe Photoshop CS3
[PR]
by id-nao | 2009-05-31 23:19 | □ f.o.t. | Trackback | Comments(0)
Untitled
a0011819_12283244.jpg
camera : Polaroid SX-70
film : T-600
effect : Adobe Photoshop CS3
[PR]
by id-nao | 2009-05-31 12:29 | □ f.o.t. | Trackback | Comments(0)
Untitled
a0011819_9361914.jpg
camera : Polaroid SX-70
film : Artistic TZ
effect : Adobe Photoshop CS3
[PR]
by id-nao | 2009-05-31 09:37 | □ f.o.t. | Trackback | Comments(0)
キヲク
a0011819_2121589.jpg

13〜4年前の実家の私の部屋。
すでに建替えられてこの部屋は存在しない。
新しい家には当初私の部屋があったのだが、私に戻る気配が無い事を悟った父から2年前に私物の撤去命令が下され、その後は父のオーディオルームとして使われているようだ。


ここに写っている猫は私が幼稚園の頃、姉と近くの公園に捨てられているのを拾って来た猫だ。
その後17年この家で生きた。
猫にしてみれば長命な方だろう。


この写真では平穏に部屋で過ごしている様が写っているわけだが、ここに至には中々険しい道のりがあった。
先に出て来た我が父は犬好きにして猫嫌い。
家の中にいるのを見つけようものなら、
ほうきやらモップやらで文字通り叩き出していた。
庭にいるのを見つければホースで水をかけながら追いかける始末。
思うに子供の頃相当なトラウマとなる出来事でもあったのだろう。
でも正直こっちがトラウマだよ、アノ光景は。
そんな訳で幼稚園から小学校1〜2年頃まで犬好きの人が嫌いな時期があった。(犬が嫌いではなく、人が嫌い)
モチロン今はそんな事ないけどね(笑)

【追記:
う〜ん、ということは犬も普通に好きだった自分の事は嫌いだったのか!?
犬を飼っていた祖父母や叔母のことは嫌いじゃなかったので、実際は嫌いな人がたまたま犬好きだっただけなのかもしれない(笑)】


そんな訳で基本は外で生活、たまにこっそりと家の中に入れたりする。
でもエリアは2階の子供部屋のみ。
最初は1階からこっそり抱きかかえて2階に連れて行ったりしてたんだけど、そのうち庭の木をつたって部屋の前にあるバルコニーから出入りするようになった。


そういう関係性だったから餌場はウチ以外にもあったと思う。
当然帰ってこない日もあったし、
噂の「集会」とやらにも参加していたに違いない。
その後、家の中を歩き回れるようになってからも
外へは自由気ままに出掛けていた。
ケンカして怪我して帰ってくる事もあれば、
鳩やら雀やらを狩るということもしていた。
出産は2回。
11匹の子供が出来、すべて里子に出されていった。


17年、この猫にとってもそうだが私にとっても実に多くの出来事があった。
そんな中でこの猫の存在が救いの一つだった事は間違い無い。
その逆、もしこの猫にとって自分の存在が救いの一つであったのなら幸いだ。


ちなみにそんなこの猫の顔はこちら
上の写真と同時期のものだから晩年のモノ。
当時写真には興味がなかったからほとんど残ってないんだよね。
もうちょい撮っておけばよかったな。
[PR]
by id-nao | 2009-05-31 00:31 | □ text | Trackback | Comments(2)
Untitled
a0011819_4554041.jpg
camera : Polaroid SX-70
film : T-600
effect : Adobe Photoshop CS3
[PR]
by id-nao | 2009-05-29 04:55 | □ f.o.t. | Trackback | Comments(0)
Happy Wedding !
a0011819_23283887.jpg
camera : Nokia N73
effect : Adobe Photoshop CS3


本日は、横浜の山手ロイストン教会で大学時代の友人の結婚式がありました。
式後のガーデンパーティはあいにくの空模様でちょっと残念な感じもありましたが、それはそれ。
幸せな笑顔に満ちた良い時間を過ごさせて頂きました。

末永くお幸せに!


...受付のお礼という件の旅行土産、期待してまってるよ〜(笑)
[PR]
by id-nao | 2009-05-24 23:31 | □ text | Trackback | Comments(0)
Untitled
a0011819_11192381.jpg
camera : Polaroid SX-70
film : T-600
effect : Adobe Photoshop CS3
[PR]
by id-nao | 2009-05-23 11:20 | □ f.o.t. | Trackback | Comments(2)
photograph
a0011819_11122569.jpg
camera : Nokia N73
effect : Adobe Photoshop CS3
[PR]
by id-nao | 2009-05-23 11:13 | ■ Nokia N73 | Trackback | Comments(0)
場所は残ったぜ
YouTubeをフラついてたら見つけた。
Theピーズの「実験4号」
この実験4号をモチーフに伊坂幸太郎と山下敦弘でコラボした作品がある。

【実験4号 後藤を待ちながら / 伊坂幸太郎(小説)】
【実験4号 It's a small world / 山下敦弘(映画)】

短編小説と短編映画。
伊坂幸太郎作品特有の計算された伏線ってのは特に無い。
映画とも微妙にリンクしているだけ。

舞台は100年後の世界。
温暖化により火星移住計画が進んだ地球が舞台。

と、設定も結構突飛なところがあるので評価は分かれるところだろうけど、私はすんなり楽しめた。
「映画」→「小説」→「映画」と進めるのがいいかな。
まずは映像として世界観を掴んでから小説を読んで、もう一度映画を観て微妙なリンクを楽しむ。

映画では「実験4号」とついているものの、最後に曲がかかる以外特に関係性はみられない。
(登場している子供3人の役名がTheピーズのメンバーの名前だったかな!?)
(追記:「場所は残ったぜ」ってあたりは映画と関係していそう、あとはやっぱり小田斬か!?w)
でも小説を読んだ後に映画を観て、最後に「実験4号」がかかるとなんか胸に沁みるのよね...。

a0011819_091141.jpg機会があればどうぞ。

シマ子先生と小田斬、特に小田斬のキャスティングは完璧(笑)





飲んでりゃ昨日も見えるだろう
明日が行き止まり
僕らの死ぬまで 考えた
そして最悪の人生を消したい

どれだけクサれば晴れるだろう
止むかよ 時間切れ
まんまと潜りこみ 閉じ込めて
君と最悪の人生を消したい

ハンパな笑顔でこっちだけみていた
賑やかなラストにわざと一人
傷を舐め合うのさ 痛みがわかるのさ
確かに未来が昔にはあった

ゆーワケで せっかくだし 悪いけど
続くよ まだ二人いる
何かまた作ろう 場所は残ったぜ
君と最悪の人生を消したい

そして最悪の人生を消したい

【 Theピーズ/実験4号】



そう言えば明日から「重力ピエロ」が公開。
伊坂作品は映像化が難しいので(その割りに最近多いね)どうなんだろ。
[PR]
by id-nao | 2009-05-23 00:18 | □ text | Trackback | Comments(2)
photograph
a0011819_23502624.jpg
camera : Nokia N73
effect : Adobe Photoshop CS3
[PR]
by id-nao | 2009-05-21 23:51 | ■ Nokia N73 | Trackback | Comments(4)